借入までの流れ

借入までの流れ

カードローンを利用したことのない方は、どのようにしてお金を借りられるのか
わかりにくいのではないでしょうか。
そもそもなぜそんなに簡単にお金を借りることができるのでしょうか。
また、お金を借りることに抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか。
しかし、うまく使いこなせばライフスタイルの一部として
生活を一層便利で快適なものにすることも可能です。
決して難しい手続きがあるわけではないので一度勉強してみましょう。
ここでは、カードローンの基本的な流れをご紹介します。
インターネットでも窓口でもそれほど変わりませんが、
主にインターネットからの申し込み方法について説明します。

まず、各金融機関のサイトへアクセスし、申込フォームを開きます。
氏名、住所、生年月日、勤務先、年収、他社借入額などの基本情報を入力し、送信します。
すると、メールまたは電話で審査結果の報告があります。
運転免許証、パスポート、各種健康保険証などの写しをFAX、または郵送にて送付します。
申し込みに不備がなければ、入会申込書、契約内容確認書、カード、預金口座振替依頼書
その他各種サービス案内パンフレットなどが送られてきて借入が可能となります。

以上が借入までの流れになりますが、
申込を行ってから借り入れができるようになるまでには、必ず審査があります。
カードローンは申込者の信用をもとに無担保で現金が借りられるサービスですので、
事前に申込者の生活環境や返済能力を把握しておく必要があるのです。
それでは具体的にどんな部分を基準として審査を行っているのでしょうか。