カードローンの審査

カードローンの審査

まず、申込を行った後、一番初めにチェックされるのが他の金融機関の借り入れ状況です。
他に借金がないか、過去にどれぐらい借入をしたことがあるか、等が調べられます。
これは、申込人が本当に返済能力があるかどうかを確認するためで、
複数のカードローンから借入れしていたり、過去に返済の延滞をしたことがある人は、
返済能力が低いと評価されることがあり審査に落ちることもあります。
また、総量規制という法律があって、カードローン等で借りることのできる金額は、
年収の3分の1に制限されています。
ただし、これは銀行カードローンや、住宅ローン、自動車ローンを除きますので、
既に上限に近い借り入れがある場合は
最初から銀行カードローンに申し込んだ方がよいかもしれません。
銀行は必ず貸してくれるわけではありませんが、総量規制の対象外ですので、
収入や就業状況によっては貸してくれるかもしれません。相談してみましょう。
一番やってはいけないのは他社の借入れを隠すことです。
金融機関は公的な組織で個人の信用情報を持っていて、調べればすぐにばれてしまいます。
年齢は基本的に20歳以上であれば問題ありません。
独身でも既婚でもそれほど差はありませんが、
既婚者は多少生活が安定していると評価されることもあるようです。
職業や収入は非常に重要です。就職していて、勤続年数が長く、収入が高いほど評価は高く、
返済能力が高いということになるので借入れできる金額も多くなります。
一番信用が高いのは正社員雇用されていて、勤続年数も長く、
収入も一般的な水準より高い事ですが、現在ではパートやアルバイトでも
継続雇用され安定した収入があれば、貸し付けを行ってくれる所がほとんどです。
逆に無職の人はお金を借りるのは難しいでしょう。
主婦の場合は、配偶者に収入があれば融資可能です。
ただし、夫の年収の3分の1までしか借りれず、仮に夫に借金があれば
その分対象額から差し引かれますので注意が必要です。
また、居住年数が意外と重要視されます。これは、安定的に家賃を払っていて、
長い間自活していることによって社会人としての信用が高くみられるからです。
また、住所や連絡先、勤務先などの情報も照合され、申請した情報に嘘がないか確認されます。
即日融資や急ぎの借入れなら消費者金融や信販会社。
期日的に2週間以上余裕があるなら銀行カードローンといったように状況に合わせ、申込をしましょう。