限度額とは?

限度額とは?

カードローンにおいて、限度額とは借入できる上限の金額のことで、
契約時に利用限度額などという名前で示されます。
限度額が50万円なら、その範囲内でなら何度も借入が行えます。
この限度額は、金融機関が収入や借入の履歴(過去や現在の借入)を参照し、
審査によって決定されます。
契約する会社で初めて契約をする場合、収入や就業年数などをもとに審査が行われますが、
その際、他社の借入がないか、過去の支払で返済が滞ったことがないか、
といったことも含めて審査が行われます・
一般的には、何度か借入がありその返済を滞ることなく返済しているという実績があれば、
限度額は収入に応じて高くなっていきます。
これは各金融機関が他社からの借入などの情報を調べることができるからで、
初めて契約する会社でも、その履歴は把握されていると認識しておかねばなりません。
また、限度額の決定に関しては、全く借入も返済も実績が無い人よりも
滞りなく返済をした実績のある人の方が信用は高くなるようです。

限度額に対して、極度額というものがあります。
極度額は限度額と似ていますが、契約上最大で融資を受けることができる最高金額のことです。
限度額とは、実際に借入できる金額で、契約書には、極度額300万円、利用限度額150万円
といったように記載されたりします。
契約金額が大きければ、利用限度額が最初から極度額に設定されることは少なく、
返済実績など契約者の信用に応じて増えたりします。
限度額の契約の中でも、実際の借入額ではなく、
契約した極度額での金利が適用される会社も増えてきています。
この場合、金額が大きい方が金利は安くなる傾向があるので、借入れる側がおトクです。
例えば10万円の借入れであっても、契約極度額が300万円であれば、
その金利が適用されるので、仮にその会社で150万円での金利が14%、
300万円での金利が8%だったとすると、10万円借入れ時も8%の金利で済むのです。 但し、極度額の契約を実際に借入れがなくとも「借入れ」とみなし審査をする金融機関もありますので、
状況に応じた契約をするよう注意しましょう。