契約期間とは?

契約期間とは?

カードローン会社で借入を行うと、契約期間というものが設定されます。
この契約期間というのは、その期日までに返済を終えなければいけない、とか 契約年数を超えると一括で残額を返済しなければいけない、というわけではありません。
カードローンにおける契約期間とは、ローン契約の有効期間のことで、契約期間を過ぎると
新たな借入ができなくなる、ということなのです。
しかし、大部分のカードローン会社は契約期間が過ぎても自動更新されます。
カードローン会社としたら、利用してもらってこそ利子が入り、儲かるわけですから
顧客に問題がなければ通常は自動で更新されます。
しかし、顧客に問題がある場合、多重債務に陥っているとか、返済が滞っている、などの場合
返してもらえないリスクがあると、再審査されて場合によっては更新されないこともあります。
つまり、カードローン会社は、お客から利子が徴収できるかどうか、で判断します。
利子どころか元本も返ってこないのでは、カードローン会社の経営に悪影響が出ます。
ですから、多重債務者や返済滞納者は契約更新できない可能性があります。
また、そのような理由以外に借入れる側の単純なミスで契約更新できない場合もあります。
住所が変わったのに変更届けを提出するのを忘れていた場合に、
転送不要郵便物(カード等が送られてくる封筒に書いてあります)が返送されてきた場合にも
契約更新が難しくなることがあります。
このような単純ミスに気をつけて、住所や勤務先変更届などは確実に提出しておきましょう。
これらの書類は、カードローンだけでなく、全ての契約において重要なことです。
保険会社や銀行などからの重要なお知らせが届かず不利益を被ることもありますので、
転居や転職などの時は注意しましょう。
カードローンは、会社と顧客の信頼の上に成り立っています。
そのことを頭に入れて、信頼してもらえるような借入、返済、対応をして、
カードローンを利用していきましょう。